integratto ご意見・お問い合わせ
製品案内 サービス案内 セミナー・イベント パブリケーション 会社案内
トップへ戻る
Rad Map
デシジョンシェア
DDP
ダウンロード
デシジョンシェア
企業研修 大学・ビジネススクール活用事例 ユーザーの声 FAQ サポート ご購入
デシジョンシェア 不確実性の時代を勝ち抜くためのExcelベースの定量分析ツール
デシジョンシェア
■ 不確実性の時代を勝ち抜くために
デシジョンシェアは、あなたのExcelをビジネスシミュレーションツールに進化させ、プランニングの試行錯誤の効率を飛躍的に改善するとともに、ビジネスのリスクをわかりやすく分析し、ベストの判断を導きます。
デシジョンシェアの動画によるご紹介
What-If分析機能感度分析機能リスク分析機能デシジョンシェア・ツリー機能全体説明(約10分)
動画と音声によるご説明がございますので、スピーカーをONにして、ADSL、LAN等のブロードバンド環境でご覧下さい。 このコンテンツをご覧いただくには、最新バージョンの Shockwave Player が必要です。
デシジョンシェア体験版のダウンロード
体験版ダウンロード
■ クラウドでの無料体験版の提供を開始
日本マイクロソフトのクラウドWindows Azureを利用した無料体験版の提供を開始しました。詳しくはこちらをご参照下さい。現在は、事前にご連絡いただき、弊社から接続先をご案内する方式となっておりますが、今後は体験版のダウンロードか、クラウドでの無料体験か、弊社ホームページにて、お客様に選択いただける仕組みとする予定です。クラウドでの無料体験をご希望の方は、個別に手配いたしますので、ホームページ右上の「ご意見・お問い合わせ」よりご連絡ください。なお、企業のIT運用方針によっては、企業内PCからのクラウド利用が制限され、無料体験を利用できないことがあります。
■ ビジネスシミュレーションと経営
教授・商学博士 松田 修一 氏 早稲田大学ビジネススクール
大学院アジア太平洋研究科 技術経営MOT担当(当時)
現名誉教授・商学博士  松田 修一 氏
早稲田大学ビジネススクールには、ビジネスの最前線で仕事をしている方々が、さらに能力を 向上させようとして入学してきます。その方々と話していると、経験や勘ばかりでは競争を勝ち 抜く経営は難しい、と考える方が増えてきていることを感じます。経験や勘に頼れなくなって きているのは、多くのビジネスの分野で変化が速くなりリスクが増していることと、今までになく 複雑な条件を考慮して意思決定しなければならないからでしょう。
このようなリスクや複雑な条件を考慮して意思決定する手法の一つとして、ビジネスシミュレーション の有効性が注目されるようになってきています。ビジネスシミュレーションは、計画段階で試行錯誤を行い、 ビジネスのリスクを理解することが目的です。試行錯誤にはコンピューターが活用され、リスクの分析には 科学的手法が用いられることから、経営に科学を取りいれる手法の一つでもあります。
早稲田大学ビジネススクールにおいては、大江建教授がビジネスシミュレーションの実践をテーマとして 講義を行っています。日本インテグラート社の「デシジョンシェア」は、そのツールとして採用されており、 受講生の多くがそのメリットを実感しています。
ビジネスをとりまく不確実性と複雑さが増していく中で、経験や勘を補い、最善の意思決定を行う手法を 実践する不確実性のマネジメントこそが、リスクをギリギリまで計算し、経営計画を成功に導く最短距離と 考えます。経営者やビジネスの最前線で活躍される方々にとって、ビジネスシミュレーションを経営に 結びつけ、科学的な要素を意思決定に加えていくことは、今後重要性を増していくであろうと確信し、 日本インテグラート社のデシジョンシェアを推薦する次第です。
ページトップへ
ご意見・お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ